読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偽装社会 警察、検察、裁判所の正体は麻薬マフィアの中枢だった!日本の凶悪犯罪の中枢、黒幕だった検察の正体

偽装社会 警察、検察、裁判所の正体は麻薬マフィアの中枢だった!日本の凶悪犯罪の中枢、黒幕だった検察の正体 麻薬ビジネス=CIA=GHQ=検察と最高裁 リチャード・コシミズさん
https://www.youtube.com/watch?v=Kob6mqMQEwk&ebc=ANyPxKphN8L7NWOzyi0T_PzdDD2zMublbinjB3_BIeafSxqxqj_E_nWWmfN8gV4ff0DigTbFOB4QMvDLjgg4-OHWiWK_GQkmYg

激ヤバ告発 莫大なワイロで政治、官僚は動いている 米国に売国するための仕組み 主犯格はCFRと日本の最高裁、検察、外務省 世界は見抜いている!国家権力の崩壊 ベンジャミン・フルフォードさん
https://www.youtube.com/watch?v=yNDczgDu7h4

日本の闇 日本を支配する米国の支配構造の崩壊が始まった 
https://www.youtube.com/watch?v=6zOtZk-FtUw

偽装社会 巨悪のCFR(ユダヤ金融資本)に操られる最高裁と検察 巨大詐欺師の手下
https://www.youtube.com/watch?v=d0K-znmLYy0

偽装社会 検察の本当の役割は米国犯罪を続行させ、占領植民地政策を存続するための組織 日本の中の占領兵士達の犯罪 独立党 リチャード・コシミズ さん
https://www.youtube.com/watch?v=18lUMaYNOuo

悪夢の構造 国際窃盗ギャング団CFR 検察と最高裁と霞ヶ関機構を支配する者たちは想像を絶する悪魔達だった!魔物に支配される日本の本質を見抜こう 国際窃盗ギャング団の正体 リチャード・コシミズさん
https://www.youtube.com/watch?v=s_Nq6oB2Zj0

世界戦乱の中枢!検察と最高裁と外務省の残忍な正体 10年で1千兆円超の米国軍事戦費は誰が調達しているか? 法務省による強盗、数千万人殺害の歴史 凶悪な戦費調達実行犯、霞が関テロ中枢指令本部 偽装社会
https://www.youtube.com/watch?v=JGEqDMB8hE0
3.11、9.11テロ、イラク戦争イラク、シリア、リビアレバノンソマリアスーダン、イラン侵略、第一次世界大戦意向の戦争などが米国の支配者のテロであることは広く知られてきましたが、影になっている議論があります。
それはこれらの世界中で多発しているテロや戦争資金は誰がどうやって調達しているのでしょうか?イラク戦争ほどの何百兆円もの資金をかけていたら彼らは破産するはずです。それでも採算が取れるカラクリがあるのです。
検察、霞が関の米策捜査と米策司法と米策行政が見事に連動するのです。医療費、日本国債米国債の購入、医原病、逸脱する病院ビジネス、原発の増加、薬害の増加、ヒラメ裁判官など裁判所、検察がおかしくなり出した時期の連動です。
どうしてイラク戦争のときに政敵や植草氏などが何人も不自然に逮捕されるのでしょう?
つまり、米国を支配する者は検察や最高裁を使ってさまざまな名目で偽装して資金調達を行っているのです。
戦争とテロと霞が関機構、とくに検察と最高裁のおかしな動きは戦争資金を調達するために連動し、日本人を泣き寝入りさせて、医療や電力や許認可を偽装して米策捜査と米策司法と米策行政を行い、数千兆円という資金の強奪を行っていたのです。
3.11や9.11が自作自演であることを見抜くだけでは不十分です。そのテロや戦費の資金調達源が霞が関機構や検察にコントロールされた永田町であることも見抜かなければなりません。

転載希望。2016/01/14 に公開「戦後史の正体
https://www.youtube.com/watch?v=sBZqvXoipRU 
この動画は金融ユダヤによる法務検察、外務省を頂点とする日本の奴隷植民地政策の仕組­みそものです。巨額の不正送金でどれだけの人が日本でもテロ国家アメリカと霞が関モン­スターシステムによって殺されたでしょうか。法務検察と最高裁は国際テロ組織です。

医療犯罪、郵政民営化小沢一郎事件、鈴木宗男事件などの枚挙に暇がないほど恣意的な­検察と最高裁国策捜査と国策司法の本質は数百兆円の強奪計画です。
米国を支配する金融資本の手先である咬ませ犬の検察が金融資本の利益に邪魔する政治家­、官僚がいると失墜させるためにおかしな国策捜査と国策司法(米策捜査と米策司法)に­明け暮れて日本が米国を乗っ取ったユダヤ金融資本に巨額の資金の調達源になっていたの­です。
まずこの構図がテロ国家アメリカの軍事資金源のカラクリであり、世界中で大量殺人、強­奪の温床になっている構図に気がついてください。
イラク戦争の本当のカラクリは日本が裏で表にならない密約で大量の資金源になっており­、日本の1千兆円という借金の本質は米国債になっています。
つまり、ゆうちょの日本国債というのは=米国債に化けて帰ってこないのです。
年間70兆円ほどの軍事大国、テロ国家アメリカの資金源になっていると言うことです。­それだけではありませ。医療モンスターシステム、電力モンスターシステム特別会計に­よる隠れ米国債外国為替資金特別会計などで米国を乗っ取ったユダヤ金融資本に流れて­います。戦争ビジネス屋の資金調達係が霞が関なのです。
イラク人130万人を殺害した犯人が検察と最高裁にはいます。ここは、日本の虐殺収奪­のアジトです。
日本は検察と最高裁の判定する方針でまわっており、それを決めているのは日米合同委員­会です。日本人の働いた資金は半分以上が米国を乗っ取ったユダヤ金融資本に流れるよう­に検察と最高裁や淸和会(CIA日本支部)が国策捜査と国策司法(対米従属体制による­米策捜査と米策司法)によって調整してきました。
イラク戦争イラク人を殺したのは日本の霞が関モンスターシステムであり、検察や裁判­所というのは、大量虐殺犯罪者達の悪魔の巣窟なのです。
それは最高裁事務総局の司法官僚も同じです。日本は許認可セクションと司法判定セクシ­ョンが乗っ取られることで永田町と霞が関がコントロールされ、日本人は収奪され、米国­の戦争ビジネスの資金調達奴隷にされてきたのです。
彼らこそが、日本最大の詐欺、強盗、虐殺の犯罪の中枢であり、麻薬ビジネス、医療モン­スターシステム、電力モンスターシステムなどの黒幕です。
小沢一郎事件や鈴木宗男事件などは、米国を乗っ取ったユダヤ金融資本のための捜査であ­り、この本質に世界の人々が気がつかなければなりません。
医療犯罪は、金融資本に儲けさせるための保険診療報酬システムになっており、年々悪化­しています。
この医療犯罪システムの中枢が検察と最高裁霞が関であり、ここに医療犯罪はやりたい­放題で野放しのカラクリがあります。
検察と最高裁が犯罪と認定しないでもみ消すことで、日本の犯罪の中枢になって日本人だ­けでなく、アフガン戦争やイラク戦争で世界中の人々が殺されています。
日本の霞が関転覆する疑惑です。この事実に気がついたら、検察庁最高裁の官僚は国際­世論から「公開処刑にしろ」と言われるでしょう。それが日本の本当の現実なのです。
麻薬、医療犯罪、北朝鮮オウム事件、枚挙に暇がありませんが、これらの犯罪の中枢が­検察と最高裁です。